大分のホームページ制作とブログ作成・チラシやパンフレット等の広告印刷・看板デザイン設置工事・ロゴやパッケージデザイン・写真動画撮影編集加工など、広告に関することならSTFへお任せください。
大分ホームページ作成・制作STF

大分県大分市のホームページ制作とブログ作成・チラシやパンフレット等の広告印刷・看板デザイン・ロゴやパッケージデザイン・写真動画撮影編集加工など、広告に関することならSTFへお任せください。

大分県のホームページ制作・作成・広告の商業印刷・看板施工工事・ロゴ制作・写真撮影に関するお電話でのお問い合わせは0977-25-2299までお気軽に
大分ホームページ制作に関するサイト内検索
  • 文字サイズ
  • 文字サイズ・小
  • 文字サイズ・中
  • 文字サイズ・大
rss
  • 2017年8月
    « 3月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031  

全てを詰め込むと崩壊する!?広告のデザイン

2009/08/31 | カテゴリー: スタッフブログ

こんにちは。STF代表の佐藤です。

一昨年は忙しさから一度も海に行けず、「幻の夏」に終わったので、昨年は2回!海に海水浴に出掛けたのですが、今年はと言いますと・・・・・0回 でした・・・(T T)。20年ほど前から毎年、必ず通っていた大分県南の海岸へも立ち寄ることが出来ずに淋しい限りです。

さてさて、今日は広告のデザインについて感じていることを少し。

チラシやパンフレットなどの印刷物を作る際に、商品やサービス、イベントやキャンペーンの内容など、いろんなデータをパズルのように組み合わせて紙面を作り上げていくわけなのですが、その時のヒントとして、お客様にも頭の片隅にでも憶えておいて頂けると嬉しいのが、制作担当の「全部ですかぁ!?」という心の叫びです(笑)。

これはどういう事かと申しますと、限られたチラシやパンフレットの紙面の中で、掲載する内容の「優先順位」をしっかりと意識するといいよね!という事なんです。

クライアントさまのお気持ちとしては、「これも!あれも!出来れることなら、これさえも!訴求したい!」という思いはお持ちだと思います。しかし、全てをアピールすると、当然ながら、個々の要素を際立たせることが難しくなる場合があります。

よく「シンプルイズベスト」と言いますが、これは単純に少ない情報量だから理解しやすいということ以上に、本当の意味での「シンプル」というのは、「少ない整理された情報から、さらに多くを感じさせる」ものだと思うのです。

そしてこの本当の意味での「シンプルさ」は、広告を制作する立場から見ていくと、人間の「脳」の自然な理解力を応用した手法に成り立っているケースが多く見受けられます。特に広く受け入れられている有名な作品は絵画や音楽などを問わずに、その普遍的でありながら抽象的なイメージから、この「シンプル」な要素を含んでいる場合が多いのです。

例えば、音楽の名曲のなかでは、曲の中で使用する楽器や、その楽器が奏でる旋律で表現したい音の全てを奏でるのではなく、ある程度キャッチーな流れ(旋律)の後には、ハッキリとしたメロディーが流れないことが多いのをご存知ですか?

これは、キャッチーで記憶に残りやすいメロディーや決まったパターンのメロディーに続けて自然と聞いている人の脳が、あたかもそのメロディーに続けて締め(〆)のパターンや、リピートを再現している自然な反応を上手く利用した手法です。

例えば、好きな曲のサビの部分を流れる音楽に合わせて口ずさんだりする時に、繰り返しの間に「タララ~♪」と流れていたと記憶していたのに、よく聴いてみると実際にはその旋律が流れていなかった。なんて経験はないでしょうか。

似たようなパターンでは、曲の1番目のサビで流れたキャッチーなメロディーやパターンを聞いた後で2番目のサビを聞き流すと、この先にはこういったメロディーがくる、と自然と思いますよね。

70年代のロックミュージックなどでは、逆にこういった自然に受け取った印象を崩すことで「いい意味で期待を裏切り、意外性でさらにメロディーを昇華させる手法」が流行りました。実はこれはロックの旋律のみならず、クラシックや現代のCMの曲などからも受け取ることができます。

例えが長くなりましたが、こういった人間が受け取ったものを理解・記憶し、その記憶から新しい体験の処理に役立てることは、当たり前のように皆さんの頭の中で毎日行われているわけなのですが、この脳の処理をうまく応用することで意外性や分かりやすさを印象づけることは広告の表現でも非常に役立ちます。

弊社では、「人間の想像力に任せる」または「脳の処理能力を信頼したシンプルなメッセージ」が広告の表現には必要だと考えています。

それと、ここは微妙なニュアンスになりますが、脳の想像力に任せるには、まず、シンプルな中で絶対的に伝えたいことばかりではなく、優先順位として「良い印象」を与えることが大切になってくるのだとも考えています。

理屈は抜きにしても、「なんだか嫌な感じがする」という印象を受けたものに対して、皆さんはさらにその先のイメージを想像したいと思いますか?きっと万丈一致で「避けたいもの」になってしまうと思います。

広告表現の中で極力・・・強く言えば、絶対に避けなければならいのがこういった表現なのです。

まとめると、「まずはすっきりとシンプルに何が言いたいのか、そして良い印象を持ってもらう事」が大切と言えるのでしょうか。

「そんなの当たり前だわ!」と感じる要素も、それがなぜなのかを紐解いていくと、思わぬヒントが隠れているかも知れませんね。


この記事に類似した内容のまとめリンク: | |

>>大分県大分市別府市のホームページ制作会社・広告印刷・看板・ロゴデザインはSTFウェブプランニング
このページの最上部へ戻る

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

コメントする




コメント

Copyright.2003-2010.エスティーエフ ウェブ プランニング.All rights reserved.