大分のホームページ制作とブログ作成・チラシやパンフレット等の広告印刷・看板デザイン設置工事・ロゴやパッケージデザイン・写真動画撮影編集加工など、広告に関することならSTFへお任せください。
大分ホームページ作成・制作STF

大分県大分市のホームページ制作とブログ作成・チラシやパンフレット等の広告印刷・看板デザイン・ロゴやパッケージデザイン・写真動画撮影編集加工など、広告に関することならSTFへお任せください。

大分県のホームページ制作・作成・広告の商業印刷・看板施工工事・ロゴ制作・写真撮影に関するお電話でのお問い合わせは0977-25-2299までお気軽に
大分ホームページ制作に関するサイト内検索
  • 文字サイズ
  • 文字サイズ・小
  • 文字サイズ・中
  • 文字サイズ・大
rss

自分で更新できる低価格なビジネスブログ型ホームページ

STFの自分で更新できるビジネスブログなら更新費用0円で、広告効果が向上・持続するホームページが初期費用¥9,800円~の低価格からお客様のお好みで最適プランを自由に選べます!しかも維持費はサーバー費用の¥5,250円のみ。不況打開!集客の賢いツール選びならお任せ下さい!

ホームページ運営のノウハウは必要ありません。これまでのホームページ運営の手間とコストを大幅に削減し、SEO対策を始めとする高機能が装備されたビジネスブログです。

3つのビジネスブログ型ホームページパックの料金と機能比較一覧はこちらをご覧ください。

※2011年8月1日より、ホームページの仕様変更や検索エンジンへの適切な効果などの側面により、パッケージの内容や価格を変更いたしました。特に安価なパック(49,800円パック)は、一般的なサイト構成としては受注しておりません(※)ので、何卒ご了承頂けますようにお願い申し上げます。

2011年8月以降は、ホームページの規模(特にデザインと企画)により、およそ20万円~60万円での受注金額が目安となります。中でも、一般的な企業様や店舗様の広報用サイトの構成による平均的な受注額は、およそ30万円前後(サーバー・ドメイン費用を除く)となる場合が最多です。
大変お手数をお掛けいたしますが、当サイトのリニューアルまでの詳細につきましては、お問合せにてお見積りを頂けますようお願い申し上げます。

※但し、サイトの性質や規模によっては受注可能な場合も御座いますので、お気軽にお問い合わせください。

ビジネスブログ型ホームページ・「フルオリジナルパック」の詳細はこちら

web-17

ビジネスブログ型ホームページ・「セミテンプレートパック」の詳細はこちら


スピードも効果も備えたホームページの登場です。自分で更新できて、さらにホームページに必要な競争力を持っています。

自分で更新できるビジネスブログ型ホームページは、弊社がこれまで4年間に渡る独自のリサーチを行い完成したビジネスブログ型のホームページです。これからホームページを運営される会社や店舗の経営者の方、すでにホームページを運営されている方にも、お奨めです。現在運営されているホームページや、これからホームページ制作をご検討の制作会社様との比較をしてみてください。特に「コスト(費用対効果)と効果(SEOを始めとする広告宣伝力)」の比較においてパフォーマンスの高さを実感頂けると思います。もちろん、検索エンジンからお越し頂いたお客様が今見ている、弊社のこのホームページも同じシステムで運営しています。

ご自身で更新の出来るホームページ。とても便利で魅力的に感じられると思います。「だけれど、その分、マイナス要素もあるんじゃ・・・」とお考えの方はいらっしゃいますか?このビジネスブログ型ホームページは現在構築できるホームページの形として、優れた機能と総合的なバランスを兼ね備えた広告システムと言えます。では、何を持って「お客様にとって最良のホームページ」だと断言できるのでしょうか。論より証拠、早速、ビジネスブログ型ホームページのパフォーマンスの高さをご覧ください。

弊社がビジネスブログ型ホームページを販売するにあたりクリアしたのは以下の5項目です。これらを実現したことによりブログで運営するホームページサービスの提供を開始しました。

●ユーティリティ・・・広告としてのホームページに求められる結果(SEO検索エンジン対策)を出せること
●ローコスト・・・お客様の経費のご負担を可能な限り削減したホームページであること
●ユーザビリティ・・・誰にでも分かりやすく使いやすいこと
●デザイン&レイアウト・・・ブログでありながらも、高いデザインとレイアウトの水準を実現すること
●クオリティ・・・ホームページの品質が世界基準のW3C※に沿い合格していること

※W3Cとは?・・・World Wide Web Consortium(ワールド・ワイド・ウェブ・コンソーシアム)の略で、インターネット上で利用される技術の標準化団体です。現在皆さんがご利用されているインターネット上のホームページを形作る技術もこの機関で標準化として制定されました。現在は米国MIT(マサチューセッツ工科大学)、日本の慶應義塾大学、フランスのINRIA(国立情報処理自動化研究所)等を中心に運営されています。

上記の5項目をクリアしたことにより、ビジネスブログ型ホームページはお客様にとって現在構築できる最良のホームページサービスだと自負しています。そして、弊社の考える基準だけでなく、お客様や外部の信頼できる機関でこれらの機能の高さを確認できることが、自信を持ってご利用をお奨めできる何よりも優れた点なのです。


SEO(検索エンジン最適化)の実現で効果が向上・持続する本当の広告となるホームページ

まずはホームページに求められる絶対条件、「SEO(検索エンジン最適化)」です。
皆さんがご存知の通り、ホームページはただ公開するだけでは広告としての意味を持ちません。お客様へ手渡すチラシやパンフレット、名刺に記載されたホームページのURLからいったいどれ位の方が御社のホームページを検索してくれるでしょうか。それはお客様ご自身の経験からもよくお分かり頂けると思います。もちろん、必要に応じて有料でキーワード広告をご利用されるのも有効な手段でしょう。しかし、その前に絶対的なホームページのチカラが弱い場合と強い広告力を持つ場合、お客様ならどちらをお選びになりますか?もう、お分かりの様に、運営されるホームページ自体が検索エンジンに強いと、当然ホームページ自体を宣伝する広告費が飛躍的に安くなるのです。大分県内で限られた商圏での広告としてのホームページの場合は、キーワード広告などを一切利用せずに、広告費を掛けた同業他社のホームページより検索エンジンで上位に表示される結果を弊社では多く導き出しています。そして、もちろん一時的ではなく、その効果を維持しています。
まずは、多くの方の目に触れるホームページであること。弊社がまず最初にこだわったホームページの品質です。

自動で集客サポート!SEO(検索エンジン最適化)対策の詳細はこちらをご覧ください。


優れたコストパフォーマンス・制作費用が安く、更新費用がゼロ円

せっかくホームページを作るなら、レベルの高いデザインと、しっかりとしたSEO対策済みのホームページが欲しい。これらのご希望は当然です。でも、そのホームページが現実離れして高かったら、どうでしょうか。採用しますか?採用するしないに関係なく、広告費として計上できずに断念せざるを得ないでしょう。しかし、弊社のホームページは違います。安いのです。しかもしっかりとしたリサーチに基づいたオリジナルのデザインや広告としての表現力、そしてSEO効果を持ち合わせていながらです。
ビジネスブログのホームページは、全てのページ内容をお客様が更新でき、新しい情報を告知する記事も新規に投稿が可能ですので、業者に依頼する作業はほとんど無く、更新作業にかかる費用は必要ありません。例外としては、ご希望される方が数年後に大掛かりなデザインやメニューを再構成する際などに費用が発生しますが、通常のホームページに比べると、その費用は10分の1程度で済みます。(全体的なデザインのリニューアルで5,000円~3万円ほど、メニューデザインの変更で数千円です。)
初期に必要な制作料金は、ホームページの構成(ページ数やデザインの作り込み具合、イラストや撮影を含む写真の点数など)により、お好みのパックからお選び頂けます。

また、一時的な効果しか見込めない広告や営業人件費で数万円を使うより、継続的に広告としての役割を果たす投資としては、新聞広告や新聞への折り込みチラシ、また雑誌の広告よりも遥かに費用対効果が高いと言えます。弊社では創業以来、誠意を持って細かな内訳についてのご説明を励行していますので、ぜひご心配な場合はお気軽にご相談ください。もちろん、お見積もりやホームページ運営についての近況などを詳しくご説明させて頂くのは無料です。

自由に選べる低価格のパック料金一覧はこちらをご覧ください。


専門知識は必要ありません。初心者でも簡単に更新できる使い易さ

弊社が自信を持ってお奨めするビジネスブログ型ホームページは、その更新のし易さにも定評があります。それもそのはずで、2009年現在、世界で一番のシェアを誇る「WordPress・ワードプレス」というブログシステムを採用しているからです。この「WordPress・ワードプレス」ブログシステムは、多くの企業や団体、公的機関にも利用されている実績を持ち、皆さんがご存知のYahoo!(米国ヤフー)、SONY、ニューヨークタイムズ、CNN、ウォールストリートジャーナル、ハーバード大学、マサチューセッツ工科大学、ダウジョーンズ(日本の日経に相当する「ウォールストリートジャーナル」の発行企業)など、上げればキリが無い程多くのサイトでもホームページの運営に採用され、その他にも世界中の数百万を超える企業や個人利用者に広まっています。もちろん日本国内でも多くの有名企業のホームページに採用されています。

4つのステップだけで全てのページを簡単に更新できる説明はこちらをご覧ください。


ご希望に合わせて自由にカスタマイズ出来るデザイン

ビジネスブログ型ホームページは、全てのページのデザインやレイアウトを、自由に可変できる「テンプレート」で制作しています。「ブログだから、野暮ったいデザインで自由度が無いのでは・・・」や「同じようなデザインになるのでは・・・」とお思いではありませんか?全くそんな心配や妥協をする必要はありません。弊社では広告代理店様や印刷会社様向けの納品実績も豊富にあり、高い品質レベルが求められる業者間取り引きにおいても一定の評価を頂いています。絵心が求められるデザインと、理数系の正確さが求められるプログラムのカスタマイズに精通したスタッフにより、ご満足頂けるデザインの実現を可能にしています。

広告制作のプロが作る高品質なオリジナルデザインはこちらをご覧ください。


安心の品質保証で対外的な信用も確保・世界基準のW3C規格に合格・準拠した高品質なソース

弊社で制作・納品させて頂くホームページは全て世界基準の「W3C」の規格に準拠し、合格した品質を保証しています。弊社が自社のホームページと数多くのお客様のホームページ運営からのリサーチで得た「W3C」の規格に沿う品質と弊社独自のテンプレートの組み合わせで得られるメリットは以下の通りです。


高いアクセシビリティ(ホームページのバリアフリー化)

Wikipedia(ウィキペディア)によると、ホームページのアクセシビリティとは、

ウェブページにおけるアクセシビリティは、そのウェブページが、高齢者や障害者も含めた、誰もが情報を取得・発信できる柔軟性に富んでいて、アクセスした誰もが同様に情報を共有できる状態にあること(あるいはその度合い)を意味する。日本語では「アクセシビリティに配慮する」あるいは「アクセシビリティを高める」といった表現で用いられる。公共サイトにおいては、情報取得機会の均等性確保を担う情報保障上、重要な概念となる。

とあります。
引用元 ”アクセシビリティ.” Wikipedia, . 20 5月 2009, 22:37 UTC. 21 7月 2009, 16:56 http://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=%E3%82%A2%E3%82%AF%E3%82%BB%E3%82%B7%E3%83%93%E3%83%AA%E3%83%86%E3%82%A3&oldid=25990383

弊社では、どなたでも同様にホームページからの情報を得ることが出来るように、高いアクセシビリティを実現したW3Cの規格に準拠した「Web標準化品質」で構築しています。無駄な記述のないW3C準拠のソースコード(ホームページを形作るプログラム用の記述のことです)は同時にSEO対策に必要なシンプルな記述に通じる部分が多くSEO効果が期待できます。
また、最近ではパソコンだけでなく、携帯電話やPDAといったモバイル端末など、様々な閲覧環境からのアクセスの可能性に対応するため、それぞれの環境に対応したホームページ品質が求められていると弊社では考えています。Web標準化のホームページはこうした場合においても、広く異なる閲覧環境に対応できます。


自動的にSEO(検索エンジン最適化)対策が実現できる

検索エンジンが記録していくホームページに掲載している「テキスト(文章)」とレイアウトデザインを形作る「CSS(カスケーディング・スタイル・シート)」を分離した制作工程により、Yahoo!(ヤフー)やGoogle(グーグル)などの検索エンジンがテキストを判読しやすい形状となります。しかがって検索エンジン対策としての効果が高まるのです。最近では、W3C準拠・Web標準化はSEO対策の必須項目となりつつあります。こういった安心できる制作工程から、一時的な効果しか生まない小手先のSEO対策ではなく、長期的に効果を持続する本来のSEOが可能になるのです。


簡素に整理されたソースコードがもたらすファイルサイズの軽量化・サイト表示の高速化

W3Cの規格に合格したホームページのソースコードは「XHTML+CSS」で構成されるために、飛躍的にページのファイルサイズが軽量化され、サイトの表示速度が向上します。


容易な更新作業が可能にする運営コストの削減

弊社で制作するビジネスブログ型ホームページのテンプレートはコンテンツ毎の管理が容易で、例えば1,000ページを超える大規模なホームページのメンテナンスにおいても、メニュー項目の追加や変更などの面倒な作業がほんの数分の簡単な作業で終了します。もちろん、1,000ページ全てに反映されるのは一瞬で終わります。こういった容易なメンテナンス環境の実現は、ホームページの運営に注ぐエネルギーを更新に回す事が可能になり、不要な維持費を節約でき、アクセスアップのための更新頻度の向上に貢献します。当然ながら、更新頻度の高いサイトは自然とSEO対策の恩恵を受けることになり、相乗効果が見込めることになるのです。


広報に対する姿勢として、対外的な信頼を得ることが可能

W3Cの勧告に従ったページには、合格マークの「W3Cバナー」をホームページへ掲載することが出来るので、対外的に信頼を得るひとつの目安にもなり得ます。こういった点は特に医療関係の病院・診療所などで非常に有効だと言えるでしょう。
現在でもW3Cの規格に準拠したホームページはインターネット全体の7%に満たないとも言われていますので、非常にレベルが高く厳しい基準だとも言えます。

W3Cの勧告する規格に完全に準拠することは制作会社のスキルレベルによっても様々ですが、その困難さなどについては弊社以外の制作会社様でも対応に掛かる費用などを是非ご相談されることをお勧めいたします。



このページの最上部へ戻る

Copyright.2003-2010.エスティーエフ ウェブ プランニング.All rights reserved.